しゃらんの ひだまり大航海日記

Euros鯖『ひだまり』商会の しゃらん が大航海時代に関してあれこれと不定期に書いてます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錬金術のお話 part2 ~Paracelsus~

超弩級に有名な錬金術師であるパラケルススさん。
本名 フィリップス・アウレオルス・テオフラトゥス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイムだったかな。某錬金術師マンガに出てくるあの方の元ネタでもあります。
Hohenheim【ドイツ語】=Paracelsus【ラテン語】(=High Home【英語】)というわけで、パラケルススと名乗っていたといわれてます。
基本的には医師として非常に高名で、占星術師としてもカバラ学者としても神学者としても、哲学者としても非常に多くの書物を残しているそうです。
そういえば、いい加減なことを言いまくっていたのでボンバストゥスBombastusという言葉は、英語で大言壮語とか誇大妄想的な意味の単語として使われるとかいう話もあったりして。
英語(というかラテン語?)にはこういうのって多いですね。ソクラテスの悪妻として名高いクサンティッペも、もはや悪妻を意味する単語ですしね。

おっと。
話はパラケルススに戻りますが、ホムンクルスや賢者の石を作ったり、四大精霊について論じていたり、水銀、硫黄、塩の三元素といった、いわゆる錬金術のキーワードは彼が一通りまとめたといって差し支えないくらいの大活躍ぶりだったパラケルススですが、最後にはペテン師呼ばわりされた挙句、飲み屋でけんかしてのたれ死んだといわれています。

華々しくもさびしい人生ではありますが、ある意味それらしいとも思えます。
おお。なんか今日はまじめな話だ!(*'-'*)
次は不真面目な話をしようっと。

コメント

ジョン・ディー先生の話はまだか!

  • 2007/07/25(水) 23:01:49 |
  • URL |
  • LANCE #-
  • [ 編集 ]

Σ(゚口゚; ああっ、忘れてたっ
まあ、基本的にパラケルススの方が面白いよねw
んじゃあ、ジョン・ディー先生のお話はpart3(?)で^^;

  • 2007/07/26(木) 00:08:43 |
  • URL |
  • しゃらん・エルリック #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sharararn.blog108.fc2.com/tb.php/44-7a6f0ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。