しゃらんの ひだまり大航海日記

Euros鯖『ひだまり』商会の しゃらん が大航海時代に関してあれこれと不定期に書いてます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錬金術のお話。

錬金術師見習いという職業がありますよね。
必要レベルが32/46/- と非常に高いので、私なんかには当面は転職不可能なのですが、錬金術、魅力的な響きです。

そういえば、先日の世界ふしぎ発見で、ご存知アイザック・ニュートンが生涯錬金術の研究を続けていた、ということを知りました。

まあ、錬金術Alchemyは化学Chemistryの語源であり、現在の化学や物理学は錬金術の研究の下に発展してきたという歴史がありますので、不思議ではないともいえますが、個人的には意外な事実でした。

錬金術といえば、ロンドンで身体言語を教えてくれるジョン・ディー先生やヴェネツィアのパラケルスス(ホーエンハイム!)先生、最後の魔術師と呼ばれるコルネリウス・アグリッパなどの逸話は色々面白いです。
また今度書きますね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sharararn.blog108.fc2.com/tb.php/43-9a3b695c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。