しゃらんの ひだまり大航海日記

Euros鯖『ひだまり』商会の しゃらん が大航海時代に関してあれこれと不定期に書いてます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルバリア海賊。

このゲームでは初心者向けの雑魚扱いですが、現実のバルバリア海賊は地中海中の航海者に心底恐れられていたそうです。
世は大航海時代に突入しています。
莫大な富をもたらす交易品を求めて各国がこぞって新天地へと船を出し、南米の金銀やアジアの香辛料満載で地中海へと帰ってくるわけです
ジブラルタル海峡で待っていれば、入れ食い状態♪
もっとも襲う方は大フィーバーでも、たまらないのは襲われる方w
なんせ拿捕されてしまえば、積荷を奪われるのみならず、奴隷として売り飛ばされるか、鎖でつながれて短めの一生をガレー漕ぎに終わるか・・・。その価値もなければ無論その場でサメのえさ
ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
そうなる前に、と自ら海賊に身を投じる船乗りも多かったようです。

それほどに恐れられたバルバリア海賊ですが、その由来は、キリスト教圏でない北アフリカ一帯をバルバロイ(蛮人)のすむ国、バルバリアと呼んだことにあるとか。
英語のバーバリアンも語源は同じようですね。(実はコナン(注)はムスリム?w)
キリスト教世界がイスラム(というか自分たちの価値観以外のものすべて)を野蛮と決め付けるのは、今も昔も気分悪いですね(`△´)ノ

ちなみに、バルバリア人は、現代ではベルベル人と呼ぶことのほうが多いです。もちろん今でもモロッコなどを中心にたくさん残っています。
独自の優れた文化、言語などは、イスラムに征服されていた時代のイベリアに大きく影響を残しているそうです。

(脚注)分かると思いますが、ここでのコナンは未来少年でも名探偵でもないですよ(*'-'*)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sharararn.blog108.fc2.com/tb.php/30-00793804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。