しゃらんの ひだまり大航海日記

Euros鯖『ひだまり』商会の しゃらん が大航海時代に関してあれこれと不定期に書いてます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帆布のお話。

ちゃお。しゃらんです。

去年から、京都の一澤信三郎帆布というお店で買ったトートバッグを使っています。
色もかわいいのですが、内の片側に1枚布のフタが付いててちょっと中身を隠すことができたり、といった使い勝手もお気に入り♪
↓こんなん。
信三郎帆布のトート


さて、今日はその帆布のお話。読み仮名は「はんぷ」。
英語ではcanvasです。

古来から帆布に使われる材料は、色々あって、綿布、麻布の他、日本ではむしろ(わらを編む)や編んだ竹までが帆の材料として使われてたんですって。
大航海時代には耐久性に優れた亜麻(リネン)が多かったようです。
DOLでは、帆の材料は麻布ですけど(*'-'*)

ともかく、そんな丈夫な帆布が再利用されるようになり、カバンやテント、あと忘れてはならない油彩に使われる”キャンバス”ももちろん帆布。

現在のヨットなどで使われる帆布は丈夫で軽いケプラー繊維などが主流でバッグなどの材料には不向きです。
でも帆布製品だけは世界中で愛されていて、それらの材料としての帆布は製造され続けて、脈々と息づいているという♪

ちなみに、帆布製品製造技能士という国家資格があるそうです。
ほえー!!(゚ロ゚ノ)ノ

帆帆帆
↓↓続きは戯れ言。でもその前に押していただくと嬉しいデス

学生時代にはL.L.Beanのトートバッグを使ってました。理由は、丈夫で安いから。
これももちろん帆布デス。
アウトドアメーカーのモノだけあってバケツ代わりに水を汲んだりもできる!(しないけど^^;)
メイン使いは一澤信三郎帆布のトートに譲りましたが、今も現役で使っています♪

そうそう。
一澤帆布のお家騒動の話もしようかと思ったんですがスペースの都合で省略。
wikiが詳しいです。

コメント

帆~~

総帆展帆(ソウハンテンパン)の写真ですねー
こちらの地元には海王丸が係留してあるので、たま~に見に行きます。
海の貴婦人の名のとおり、スマートで綺麗な船ですよ。

  • 2009/09/09(水) 07:50:56 |
  • URL |
  • チケット #N0fGSRtA
  • [ 編集 ]

海王丸~~
実際に帆船を見たことはほとんど無いの><
ウラヤマシイデスe-259

  • 2009/09/09(水) 19:38:29 |
  • URL |
  • しゃらん #N14IgqJs
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sharararn.blog108.fc2.com/tb.php/275-34dcab5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。