しゃらんの ひだまり大航海日記

Euros鯖『ひだまり』商会の しゃらん が大航海時代に関してあれこれと不定期に書いてます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルジアの秘毒

陸戦アイテムのひとつ、「ボルジアの秘毒」。
BolgeaPoison

当時の法医学では検出不能な毒薬を使って政敵を次々と抹殺したといわれるボルジア家。
秘毒といいますが、この時代ならやはり砒素でしょうね。
個人的にもボルジア家のイメージは、権力、毒殺、退廃、、、といった感じ。が、どうやらそうしたイメージは後にボルジア家を貶めるために作られていったものらしいです。

さて。
そんなボルジア家の中でも、ロドリーゴ・ボルジア(後のローマ教皇)とその愛妾の間に生まれた主人公チェーザレ・ボルジアを描いたコミックが最近面白いのでちょっと紹介。

「チェーザレ ~破壊からの創造者~」
著:惣領冬実 講談社週間モーニングにて隔週連載。現在は3巻かな?
チェーザレ!

時代背景がまさしく大航海時代と一致するので、ゲーム内での歴史背景やイメージ補完のためだけにでも読む価値があると思います。
クリストバル・コロンやレオナルド・ダ・ヴィンチも登場しますよ。
わたし的に問題なのは、いまのところ物語が始まったばかりで、ピサのサピエンツァ大学が舞台の学園モノだということです♪きゃー(≧▽≦)!!

そういえばルパン三世のアニメにチェーザレの妹であるルクレイツィア・ボルジア同名のキャラクターが出てきたことがありました。
ちょっと嬉しかった♪
調べてみたところ、「毒薬と魔術とルパン三世」という回だそうです

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sharararn.blog108.fc2.com/tb.php/13-6bd74ec2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。