しゃらんの ひだまり大航海日記

Euros鯖『ひだまり』商会の しゃらん が大航海時代に関してあれこれと不定期に書いてます♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポル語でしゃべらナイト!

DOL中にはいくつもの言語が登場しますが、しゃらんが覚えているのは実は母国語であるポルトガル語のみです^^;
したがってNPCとの会話は、(同じイベリア半島のセビリアですら!)必死のボディーランゲージです!w
イメージ図→シェー!?
(c)赤塚不二夫先生

ところで酒場娘を身体言語で口説くのはさすがにどうかと思います
『カラダで口説く』っていうのはちょっと大人すぎますしね。(/ー\*) イヤン  (←?)


ポルトガル語、スペイン語はラテン語を発祥とする西ロマンス語系の言語で、レコンキスタ以後に分化していったようです。したがって大航海時代頃には、まだかなり似た言語であったと思われます。
ちなみに現在でもポルトガル人、スペイン人、イタリア人あたりは互いの言葉がある程度わかるらしいですよ。けんか出来るって言いますしw
日本と違い、欧米の方には複数の言語を理解することができる方が多いそうですが、そういう理由もあるんでしょうねー。
ちなみに中の人は英語すら話せませんw
日本語も不自由といううわさも…(_ _。)
ダージさんはロシア語までわかるみたいですが…。ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
ハラショー! ボルシチ! マトリョーシカ!(ロシア語全ボキャブラリー)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sharararn.blog108.fc2.com/tb.php/11-e81fb422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。